menu

アロマセラピストになる方法と資格

アロマセラピストになるには?アロマの資格は必要?

アロマイメージ
「リラクゼーションの仕事に憧れる!」
「人を癒すアロマテラピーを仕事にしたい!」
「アロマに興味があるけど、どうすればプロになれる?」
「アロマセラピストの資格って必要?アロマ資格の取り方は?」

そんな想いを持ち、アロマセラピストの仕事に興味があるという方を応援する為の情報サイトです。

アロマセラピストになる準備

アロマセラピストとは、植物など自然の素材から抽出した精油を用いて心身のリラクゼーションを提供する職業です。

アロマとは芳香(良い匂い)という意味で、アロマテラピーは「芳香療法」とも呼ばれています。

良い香りのするアロマ精油を使って人々を癒す仕事がアロマセラピストといえるでしょう。

ストレス社会と呼ばれる現代では、さまざまな人がリラクゼーション(癒しやくつろぎ)を求めています。

西洋では長い歴史を持つアロマ精油を使い、施術を受ける人の緊張や不安を緩和し、癒しとリラックスを与えるアロマセラピストは現代社会に欠かせない存在といえるかもしれません。

アロマセラピストになるには、「柔道整復師」や「あん摩マッサージ指圧師」などのような国家資格はありません。

必要なのは、アロマテラピーの専門学校や通信講座で勉強し「アロマテラピーの資格」を取るのが一般的です。


↓アロマテラピー資格をチェック!↓
アロマテラピー資格「BrushUP学び」

アロマセラピストになる3つの道とアロマ資格の取り方

アロマセラピストになる道

1、アロマテラピー専門スクールで学びアロマ資格を取る

アロマテラピーの知識や技術を教えてくれる専門スクールで学ぶ方法です。

通学の必要があり学資もそれなりに必要ですが、プロのアロマセラピストになる為の最短のコースのひとつといえるでしょう。

専門スクールではアロマの知識とハンドテクニックを習得できるだけでなく、民間団体のアロマ認定資格を取得できるコースで資格を取る事ができます。

2、アロマテラピーの通信講座で学びアロマ資格を取る

スクールに通学する事ができない人に適した勉強方法です。

自宅に居ながらにしてアロマテラピーをDVDやテキストで学ぶ事ができます。

肝心のハンドテクニックは自宅で予習した後、講座のスクーリングで直接教えてもらえる機会もあります。

スクール通学より費用が安く済み、自分のペースで勉強できるというメリットもある効率的な方法といえるでしょう。

通信講座を終え、資格試験に合格することでアロマテラピーの資格を取得することが出来ます。

3、アロマテラピーサロンに就職し、学びアロマ資格を取る

アロマテラピーサロンに就職し、先輩アロマセラピストから知識や技術を学ぶという方法です。

サロンのなかには「未経験可」という求人を出しているところもあり、そうしたサロンに応募して採用されればアロマセラピスト見習いとして働きながら勉強する事ができます。

スクールや講座で学ぶより少し遠回りになる場合もあるものの、学資が必要ないという点ではメリット大です。

ただし、未経験を人を雇うサロンは稀ですので、やはり最初にある程度のアロマテラピーの知識と資格を持っておく方が有利です。


↓アロマテラピー資格をチェック!↓
アロマテラピー資格「BrushUP学び」

アロマセラピストの仕事

アロマの仕事
アロマセラピストの主な就職先はアロマ専門サロン、アロマも扱うエステティックサロン、高齢者向け介護施設、ホテルや旅館内のリラクゼーションサロンなどです。

近年では大型ショッピングセンターやデパートなどの商業施設でもアロマを活用した販売促進を行なっており、こうした職場からの求人も増える傾向にあります。

ほかにも医療の現場やプロスポーツの現場でもアロマセラピストが活躍しています。

将来的にアロマセラピストの自立は可能?

アロマテラピーはあなたのやる気次第で自立(独立)が可能な職業です。

自分で起業してサロンを展開するという方法もありますし、フリーのアロマセラピストとして出向営業を行なう事もできます。

主婦の方でも自宅の一部をサロンにして開業し、地域に密着したアロマセラピストとして働く人も少なくありません。

アロマセラピストの資格と検定

アロマの資格
アロマセラピストになるにはスクールや通信講座でしっかりと基礎から学びアロマテラピー資格を取得し、プロとして仕事ができる知識や技術を身に付けるのがスムーズな方法です。

知識や技術をマスターする事でアロマセラピストとしてサロンで働いたり、自宅の一室を利用してフリーのアロマセラピストとして開業する事もできます。

また、アロマセラピーにプラスして、リフレクソロジーやホリスティックの勉強もできるスクール(通信講座)もあります。

今のうちに勉強しておきたい事

植物に興味を持とう

アロマ精油の原料であるハーブ(植物)に興味を持って勉強してみましょう。

アロマテラピーでよく使われるミントは、チューインガムにも使われているお馴染みの植物です。

そんなミントを使ったお菓子作りをしてみたり、ラベンダーの紫色の花を実際に自分の目で見てみる、カモミールを植木鉢で育ててみるといった方法などでも十分に勉強になります。

アロマ精油を使ってみよう

比較的リーズナブルに手に入るアロマ精油を実際に使ってみましょう。

バナーと呼ばれる器具でアロマ精油の芳香を楽しんだり、植物性アルコールでオーデコロンを作る等、生活のなかでアロマ精油を使用してみるのも勉強のひとつです。

自分自身でアロマ精油を使用してみると香りに親しむ事ができ、アロマテラピーを身近なものとして感じる事ができます。

アロマセラピストに向いている人

アロマセラピストに向いている

思いやりのある人

アロマテラピーの基本はリラクゼーションを提供する事です。

テラピーを施す相手に対して「癒しを与えてあげたい」「リフレッシュしてもらいたい」「元気になってほしい」と考えられる思いやりのある人はアロマセラピストに向いています。

相手を思いやる心、癒してあげたいと感じる気持ち、その想いをアロマテラピーの施術という形で表現するのがアロマセラピストです。

アロマやハーブに関心がある人

アロマテラピーはヨーロッパで発達した民間療法です。

野や森の植物を有効利用して風邪や腹痛を直したり、憂うつな気分を明るくしたり、体調不良を癒したのがアロマテラピーの始まりといわれています。

アロマ精油の原料は自然のハーブ(香草)で、アロマセラピストの多くはハーブや植物に深い関心を持っています。

精油の原料を知り、その効果を最大限に活かそうと考える人はアロマセラピストに向いているといえるでしょう。

人と話すのが好きな人

アロマセラピストは手技(ハンドテクニック)を用いてお客さまを癒すだけの職業ではありません。

施術を行なう前にお客さまのカウンセリングを行ったり、施術中にはお客さまがリラックスできるように適切な会話を交わす必要があります。

こうした点から、人と話すのが好きな人、人の話に関心を持てる人がアロマセラピストに向いているといわれています。

相手にリラックスしてもらえるようなトークができる人なら、アロマセラピストに最適です。


「BrushUP学び」のアロマテラピー資格をチェック!
アロマテラピー資格「BrushUP学び」

「BrushUP学び」が提供する日本全国のアロマテラピー資格一括請求サービスです。地域ごとに「通学」できるスクールの確認はもちろん、どこからでも学べる「通信講座」のチェックもできます。
あなたにとって最適なスクールや講座を比較することが出来るので、複数のスクールや講座から資料をお取り寄せ下さい。



複数の学校に一括資料請求!【なるには進学サイト】
ペット関連の専門学校資料請求

【なるには進学サイト】では、アロマセラピストになる為の専門学校の資料請求が一括で行えるサイトです。
アロマセラピストの仕事に関わる技術をきちんと学びたい、学生さんやフリーターにおすすめです。
もちろん、通信制講座と比較したい方、多くの専門学校の情報を見てみたい方もチェックしてみて下さい。



「ビューティー資格ナビ」のアロマテラピー資格をチェック!

同じく、アロマテラピー資格一括請求サービスで「ビューティ資格ナビ」のサイトもあります。
機能としては「BrushUP学び」と同じですが、掲載されている「スクール」や「通信講座」に違いがあり、一ヵ所の資料だけでは不安な方や「スクール」「通信講座」をいろいろ比較してみたい方はこちらもチェックしてみて下さい。