menu

アロマセラピストになる方法と資格

アロマセラピストに向いている人はどんな適正と性格が良い?

アロマセラピストに向いている人

アロマセラピストの適性

プロのアロマセラピストには様々な適性が必要とされています。

その理由はアロマテラピーでは、

・使用する精油の化学的な知識
・精油の原料となる植物の知識
・トリートメントの技術の知識
・人体の仕組みに関する知識

など多様な分野に対応できる理解力が求められるからです。

同時に、人と接する仕事であるアロマセラピストには、

・カウンセリングで相手を冷静に分析できる能力
・アロマテラピーを通じて人を癒そうという気持ち
・自分の知識や技術を通して人をケアしようという姿勢

などがあることも重要なポイントとなります。

人を想う心がある

アロマテラピーの基本は「人を癒そうとする思いやりの気持ち」です。

心身の不調のある人に対し、少しでも癒されてほしい、笑顔になれるように手助けしたいと考えるタイプの人はアロマセラピストに向いています。

反対にどんなに深い知識や優れた技術を持っていても、ビジネスライクにカウンセリングやトリートメントをするようなタイプではアロマセラピストに適しているとはいえません。

自分が学んで身に付けた知識と技術で人を癒そうとするタイプならアロマセラピストとして成功するでしょう。

優しい気配りがある

アロマテラピーを受けに来る人は、心や体に不調を感じている人が大半です。

そうしたお客様に対しては、優しい気配りを持って接する必要があります。

無神経な言葉を発したり、強い口調で物事をきめつけたりするタイプはアロマセラピストにはあまり向いていません。

むしろ、優しい気配りをもって温かく優しい言葉や態度でお客様に接することのできる人はアロマセラピストに向いているといえるでしょう。

自然療法に興味がある

アロマセラピストはヨーロッパで広まった薬草(ハーブ)を用いた自然療法です。

化学的な薬品を使うのではなく、植物という自然の恵みを賢く活用して人の心身を癒す民間療法ですのでアロマセラピストにも自然療法への理解が求められます。

精油を仕事の道具として利用するのではなく、原料となるハーブを自分で育ててみたい、欧米の民間療法に関心がある、人間の自然治癒力について勉強してみたいというタイプの人はアロマセラピストに向いています。

適性がなくてもなれるの?

自分にアロマセラピストの適性があるのかないのかは、実際に勉強を始めてみなければ分からない部分もあります。

もし適性の有無に不安があるなら、まずは自分の趣味としてアロマテラピーを楽しむところからスタートしてみてもいいでしょう。

アロマセラピストの仕事や資格に興味がある方

  • どんな勉強をすれば良いの?
  • アロマセラピストの資格について知りたい!
  • とりあえずアロマの世界に触れてみたい!
そう、お考えのあなたならこちらの記事が役に立ちます。
アロマセラピーの資料請求がゆめへの第一歩!


関連記事