menu

アロマセラピストになる方法と資格

アロマセラピストに年齢制限は無いので、興味がある時に始めるのが良い

アロマセラピストに年齢制限は無い

年齢制限はあるの?

アロマテラピーを学んだり、プロのアロマセラピストになるのに年齢制限はありません。

たとえ年齢がいくつであっても、問題なくアロマを勉強したりセラピストになることはできます。

実際に小学生でアロマテラピーを学んで、1級・2級検定に合格したという例もあります。

また、40~50代になってからアロマテラピーを学び始めてプロのアロマセラピストになったという人もいます。

いくつでも学べるの?

アロマテラピーには様々な分野がありますが、精油を使って芳香を楽しんだり手軽なマッサージを行なうといったセラピーは小学生や高齢者の方でも手軽に行なうことができます。

そうした日常的なアロマの楽しみに親しんだことがキッカケで、年齢に関わらず本格的にアロマテラピーを学び始める人も少なくありません。

もちろんプロのアロマセラピストになるためには、精油に関する化学的な知識やトリートメントに必要な解剖生理学などを勉強する必要があるので、あまり年齢が低過ぎたり高過ぎるような場合はむずかしいこともあります。

具体的な年齢をいえば趣味でアロマテラピーを学ぶなら何歳でもOK、プロになるために勉強するなら10代後半から30代が適しています。

さらに個人差はあるものの、60~70代以上でであってもアロマテラピーを学ぶことは充分に可能です。

アロマセラピストの年齢制限は?

アロマセラピストには看護師や美容師のような国家資格などは必要ないため、知識や技術さえあれば何歳であってもプロになることができます。
ただし、アロマサロンなどに就職しようとしたら、企業や店舗が設定している募集条件に合った年齢でないと採用されるのはむずかしいでしょう。

大手チェーン店のアロマサロンの求人募集では未経験で年齢不問としているところが多いものの、実際には20~30代でないと採用されるのはむずかしいようです。

では40代以上ではアロマセラピストになれないのかというと実はそうでもありません。

専門学校などでアロマテラピーを学び、しっかりした資格を取得していれば自分でサロンを開業して営業することができます。

40~50代の女性でアロマセラピストの資格を取り、自宅スペースをサロンにして営業している例もあります。

また、アロマセラピストの仕事の幅は広いので、精油を使ったトリートメントだけでなく家庭で楽しめるアロマを教える教室やスクールでインストラクターをしたり、介護の現場でアロマテラピーの知識や技術を活かす仕事をすることもできます。

今後は中高年や高齢者を対象としたアロマの仕事が増えていくと考えられていますので、トリートメントのみにこだわるのではなくワイドな視点から職場を探していけば年齢に関わらずプロとして働くことはができるでしょう。

アロマセラピストの仕事や資格に興味がある方

  • どんな勉強をすれば良いの?
  • アロマセラピストの資格について知りたい!
  • とりあえずアロマの世界に触れてみたい!
そう、お考えのあなたならこちらの記事が役に立ちます。
アロマセラピーの資料請求がゆめへの第一歩!


関連記事