menu

アロマセラピストになる方法と資格

男性でもアロマセラピストになれるの?

男性でもアロマセラピストになれる

男性でもなれる職業か?

アロマセラピストは男性でもなれる職業です。

実際に、専門学校を卒業しプロとして活躍している男性セラピストもいます。

ただし、男性がアロマセラピストとして働く場合、就業先や客層などに多少の制約があることも事実です。

そうした問題を踏まえたうえで、自分に合う勤務先を探すことができれば男性でも充分にアロマセラピストになれます。

男性セラピストの制約とは?

現在のアロマテラピー業界では女性セラピストが中心的な存在となっています。

その理由は、セラピーサロンを利用するお客様の大半が女性だからです。

女性のお客様のなかには、次のような理由から「セラピストは異性ではなく同性が好ましい」と感じる人がいます。

男性に話しにくい内容
セラピー前のカウンセリングで、男性セラピストに対してボディのコンプレックスや体調不良の詳しい内容は話しにくい

男性に緊張する
サロンの個室ではセラピストと1対1で過ごさなければならないので、同性セラピストのほうが緊張感がなくリラックスできる。

身体を見られる不安
セラピー前には個室内でシャワーを浴びたり、施術のために衣服を脱いでベッドに横たわらなければならないので男性セラピストは避けたい。

男性に触れられる
セラピーのトリートメントでは、素肌に直接触れられるわけだから男性セラピストは好ましくない。

男性セラピストの職場

女性セラピストを好む女性客が多い現状ですが、男性セラピストの働く場所がないかというと決してそうではありません。

男性アロマセラピストの職場としては、

男性のお客様でも可のサロン

アロマテラピーサロンでは「男性のお客様はお断りする」という例が少なくありません。

これは男性客と女性セラピストの間で問題が起こるのを避けるためですが、サロンのなかには「男性客も可」としているところもあります。

このようなサロンでは積極的に男性セラピストを雇用しており、就職先候補の一つとして検討することができます。

男性客オンリーのアロマテラピーサロン

現代社会ではストレスを感じる男性が急増しています。

その解消策としてアロマテラピーを利用する男性も増えており、最近では男性向けや男性客オンリーのサロンも作られています。

自分のサロンを独立開業

アロマテラピーの資格や経験があれば、自ら独立してサロンを開業することができます。

自分のサロンであれば、男性セラピストとして就業するのに何の問題もありません。

男性のアロマセラピストはトリートメントがパワフルで、女性セラピストにはない力強さがあるというメリットもあります。

また、男性の特性として理論的であるため、精油やアロマオイルに関する化学的知識が豊富であったり、心身ケアに関する知識やスキルが高くなることがあるため人気になることもあります。

男性ならではの知識や技術を活かせば、女性セラピスト以上の活躍も見込める職業です。

アロマセラピストの仕事や資格に興味がある方

  • どんな勉強をすれば良いの?
  • アロマセラピストの資格について知りたい!
  • とりあえずアロマの世界に触れてみたい!
そう、お考えのあなたならこちらの記事が役に立ちます。
アロマセラピーの資料請求がゆめへの第一歩!


関連記事