menu

アロマセラピストになる方法と資格

本格的なアロマを勉強する前に準備できること!やっておきたい事!

アロマを勉強する前に準備できることやっておきたい事

アロマセラピストになる為に何から始めればいいの?
アロマセラピストを目指して専門校や通信で学ぶ前に、学生や主婦でも準備しておけることがあります。

もし、アロマの世界に興味があり何か始めてみたいという方は、あまり費用を掛けず、自宅でも行なえる準備を始めてみましょう。

アロマ精油(エッセンシャルオイル)に親しむ

セラピスト資格の認定試験では、精油(エッセンシャルオイル)のサンプルの香りを嗅いで精油名を特定するというものもあります。

専門学校でイチから精油(エッセンシャルオイル)やアロマオイルを覚えても構いませんが、日頃から精油に親しんでいれば無理なく名称や特徴を覚えることができます。

アロマ精油のなかには希少で高価なものもありますが、基本的な精油なら比較的安く手にいれることが可能です。

ラベンダーやローズマリー、オレンジ、ジュニパー、ペパーミントといった基本的な精油は安価に入手できるので生活に採り入れてみるといいでしょう。

ハーブに親しむ

アロマテラピーで使用する精油の原材料となるのがハーブ植物です。

精油(エッセンシャルオイル)とハーブの関係はアロマセラピストになるためには身に着けておきたい知識の一つといえるでしょう。

ハーブに親しむ方法としては、

・ミントやカモミールなどの植物を鉢植えで育ててみる
・ハーブ植物の葉などをティーや料理に使ってみる
・育てにくい植物は市販のハーブティーを購入して飲んでみる

などがあります。

人体の仕組みを勉強する

アロマセラピストはお客様の体に直接触れるトリートメントを行ないます。

そのため、専門学校や通信講座では「解剖生理学」などの勉強をしますが、実際に学習を始める前に独学でもある程度学んでおくことは可能です。

中学校の理科、高校の生物の教科書や参考書などでも構いませんので、身近で手に入る資料で人体の構造や働きについて予習しておきましょう。

またトリートメントに使用するアロマオイルや、精油(エッセンシャルオイル)が人間の心身に及ぼす影響についての知識もアロマセラピストには欠かせません。

香りが鼻孔を通って脳に伝わるメカニズムといった知識は資格取得の認定試験にもよく出題されています。

人体の仕組みなどと合わせて、中学・高校の教科書などで勉強しておくといいかもしれません。

トリートメントを経験する

アロマテラピーのトリートメントは自宅でも手軽に経験できます。

手持ちの化粧水や乳液にラベンダー精油を1~2滴垂らせば、即席のトリートメント剤ができあがります。

そうしたトリートメント剤を使って、まずは比較的皮膚が丈夫で扱いやすい脚部のマッサージなどを試してみましょう。

自分でトリートメントをしてみると、施術の効果や快適度などを知ることができます。

情報を集めてみる

専門学校や業界についての情報をネットや雑誌で調べてみるのも、自分の目標としている物が見えてくるきっかけになるかもしれません。

また、各専門学校のパンフレットを集めてみることで見えてくるものもあります。資料請求などは無料で出来るのでどんな勉強をしているのか?どんな学校なのか等の雰囲気を掴むことに役立ちます。

アロマセラピストの仕事や資格に興味がある方

  • どんな勉強をすれば良いの?
  • アロマセラピストの資格について知りたい!
  • とりあえずアロマの世界に触れてみたい!
そう、お考えのあなたならこちらの記事が役に立ちます。
アロマセラピーの資料請求がゆめへの第一歩!


関連記事