menu

アロマセラピストになる方法と資格

円滑に仕事を行うために必要とされるアロマ技術

円滑に仕事を行うために必要とされるアロマ技術

コミュニケーション技術

トリートメントを行なう前の準備段階として、重要となるのが「お客様にリラックスしてもらう」ということです。

セラピーは別名リラクゼーションとも呼ばれるように、お客様に癒しを与えるのが大きな目的の一つとなります。

そこでアロマセラピストは施術前にお客様とさまざまな会話を交わし、リラックスして施術者を信頼してもらえるような雰囲気作りをする必要があります。

セラピストとお客様のあいだに信頼関係がなければ上質の癒しを与えることはできません。

カウンセリング技術

トリートメント前にセラピストが行なうのが「お客様へのカウンセリング」です。

お客様の心身の不調や問題点をリサーチし、今、何が最も必要とされているかを判断するのがセラピストの技術といえるでしょう。

アロマテラピーの施術のためのカウンセリングとはいうものの、あまり深く相手の個人情報を聞き出そうとしたり、心のトラウマなどに無神経に触れていくのはタブーです。

温かく相手を包み込むようなイメージで、自然に悩みなどを聞き出すにはプロとしてのテクニックが必要となります。

アロマ精油の知識と技術

アロマセラピストは施術を受ける人の心身の状態や不調の原因を考慮し、トリートメントに使用する精油を選びます。

精油は1種類だけではなく、目的に合わせて数種類をブレンドするため、
・施術を受ける人の状態を判断する知識
・最も適したアロマ精油を選ぶ知識
・精油のブレンド割合を決める知識
・最適な割合でブレンドする技術

などが必要となります。

トリートメントの技術

アロマセラピストが行なうトリートメントは「施術」、そのテクニックを「手技」といいます。

トリートメントはマッサージに似た施術で、主として次のような目的で行ないます。

・筋肉の凝りをほぐす
・血行や血流を促進する
・老廃物の排出と新陳代謝を促す

セラピストは手指や掌を用いた手技で、顔・首・腕・背中・脚などをトリートメントします。

手技には人体の部位や状態に合わせたいろいろな種類があります。

コンサルテーション技術

アロマセラピストはお客様のコンサルタント(相談役・指導役)でもあります。

お客様がプロの施術によって癒されるだけでなく、心身の快調が続くようにコンサルテーションを行なう必要があります。

ホームケアや食事の摂り方、ストレッチ法など、一般の人でも理解できるような分かりやすい説明ができる知識や技術も必要です。

豊かな経験と深い知識に加え、説得力のあるコンサルテーション技術があってこそお客様からの信頼を得られるといえるでしょう。

アロマセラピストの仕事や資格に興味がある方

  • どんな勉強をすれば良いの?
  • アロマセラピストの資格について知りたい!
  • とりあえずアロマの世界に触れてみたい!
そう、お考えのあなたならこちらの記事が役に立ちます。
アロマセラピーの資料請求がゆめへの第一歩!


関連記事