menu

アロマセラピストになる方法と資格

アロマセラピストとして働ける職場の種類

働ける職場の種類

アロマテラピーサロン

アロマ精油を用いたトリートメントを行なうリラクゼーションサロンです。

セラピストの職場としては最も一般的で、全国で数多くの求人があるのが特徴です。 同系統の職場として、エステティックサロンやリフレクソロジーサロン、マッサージサロンなどがあります。

アロマテラピーサロンには次のような種類があります。
・独立した店舗タイプ ・FCチェーン展開の店舗タイプ
・専門学校併設の店舗タイプ
・個人経営の店舗タイプ
・ホテルや旅館内タイプ
・百貨店や複合施設内タイプ

など

アロマテラピーショップ

アロマテラピーに必要な精油や器具、ハーブ関連グッズなどを販売する店舗です。

こうした店舗では、セラピストがショッピングアドバイザーとして働いています。

精油の選び方や使い方、自宅でできるトリートメントなどのセルフケア方法などをお客様にアドバイスするのが主な仕事内容です。

アロマテラピーを一般のお客様にも広めたい人、自分の知識や技術を営業に活かしたい人、人と接するのが好きな人に適した職場です。

各種企業

アロマセラピストとして各種企業で勤務する仕事です。

セラピスト求人のある企業としては次のものが挙げられます。
・ショッピング施設 精油の効果で商品販売をサポート
・アミューズメント施設 香りで楽しさを演出
・化粧品メーカー 商品にアロマ精油を利用
・アロマグッズ販売会社 商品企画、製作サポート

講師、インストラクター

リラクゼーション系の専門学校やスクールで講師やインストラクターとして働く仕事です。

主な職場としては次のようなものがあります。
・アロマテラピー専門校の講師
・アロマ通信講座のインストラクター
・趣味のアロマテラピー教室の講師

など

医療や介護関連施設

医療や介護にアロマテラピーを活用する仕事です。

アロマ精油の特質を活かしてリラクゼーションを行なったり、トリートメントによる痛みの緩和、メンタル面のケアなどを行ないます。

まだ求人数は少ないものの今後は増加が見込める仕事で、医療や看護に興味のある人には向いている職場です。

高齢者関連施設

高齢者の快適な生活のためにアロマテラピーを活用する仕事です。
プロのセラピストの知識や技術で、トリートメントやメンタルケアを行なって高齢者のQOL(生活の質)の向上をサポートします。

運営企業に雇用されて施設内のセラピールームでセラピストとして働いたり、複数の施設を定期的に巡回しながらトリートメントやアドバイスなどを行なうこともあります。

アロマセラピストの仕事や資格に興味がある方

  • どんな勉強をすれば良いの?
  • アロマセラピストの資格について知りたい!
  • とりあえずアロマの世界に触れてみたい!
そう、お考えのあなたならこちらの記事が役に立ちます。
アロマセラピーの資料請求がゆめへの第一歩!


関連記事