menu

アロマセラピストになる方法と資格

アロマテラピーを仕事にすると楽しい面は?【メリット】

アロマセラピーを仕事にすると楽しい面は

好きなことを仕事にできる

アロマセラピストの楽しさとして「好きなことを仕事にできる」という面があります。

セラピストは単に生活の手段としてお金を稼ぐだけでなく、心からアロマやトリートメントが好きという人が多いのが特徴です。

アロマの仕事には精油を扱うという面、人を癒すという面、カウンセリングを行なうという面、美容の仕事である面などさまざまな面があります。

自分の関心の向かう方向に多角的にアプローチしながら職域を広げていけるというのもアロマの仕事の楽しさではないでしょうか。

快適な職場で働ける

セラピストの職場は心地良いインテリアや空調など、お客様がリラックスできるよう工夫されています。

サロンには常にアロマ精油の香りが流れ、ナチュラル感たっぷりの観葉植物が配されていたり、さり気なく愛らしい花々が飾られていたりします。

こうした気遣いはサロンを訪れるお客様のためですが、同時にそこで働くアロマセラピストにとっても快適な空間であることは言うまでもありません。

穏やかなリラクゼーションを誘うゆったりした空気の流れるサロンの雰囲気のなかで仕事ができることは、セラピスト自身の楽しさや癒しにもつながっています。

お客様と触れ合える

アロマセラピストの仕事の楽しさが「施術を通して多くのお客様と触れ合える」ということです。

セラピールームではお客様と1対1で過ごす時間が長く、リラックスできる会話を通じてお客様とダイレクトに触れ合うことができます。

ときには心や体調の悩み、仕事や恋愛の悩み、家族や近親者との悩みなどを聞く機会もあるでしょう。

セラピストは医療従事者ではなく、施術を通してお客様を癒す職業です。

しかし、お客様との信頼関係を築き、心からの触れ合いができるというのはこの仕事の楽しさの一つといえるでしょう。

豊かな世界に触れられる

アロマテラピーには古くはエジプト、そして欧米で発展した長い歴史があります。

セラピストはそうした歴史に触れられたり、アメリカやヨーロッパの人々の考え方や生活感を身近に感じることができます。

また、アロマセラピストは精油やトリートメントだけでなく、ハーブを始めとする植物やガーデニング、ポプリ作り、ハーブ料理などにも興味を感じている人が多いようです。

実際にアロマセラピストとして働いている人の大半は、「自分の生活が豊かになった」と言っています。

そのほかにも「人を癒してあげられる」、「お客様に喜んでもらえる」、「自分のアイデアが活かせる」などの点もアロマセラピストの仕事の楽しい一面です。

アロマセラピストの仕事や資格に興味がある方

  • どんな勉強をすれば良いの?
  • アロマセラピストの資格について知りたい!
  • とりあえずアロマの世界に触れてみたい!
そう、お考えのあなたならこちらの記事が役に立ちます。
アロマセラピーの資料請求がゆめへの第一歩!


関連記事