menu

アロマセラピストになる方法と資格

やりがいが無ければ続けられない【アロマセラピストのやりがい】

アロマセラピストのやりがい

人を癒す仕事

アロマセラピストの仕事の最大の特徴は「人を癒すことができる」という点です。

精油という貴重なアイテムとトリートメント技術で人を癒し、心身の健康や快適な生活をサポートできる仕事にやりがいを感じるセラピストは少なくありません。

セラピストの体験談
「疲れ切ったお顔でサロンを訪れたお客様が、トリートメント後に元気を取り戻して笑顔になっているのを見たとき、本当にやりがいのある仕事だと感じました」

「あなたのケアのおかげで毎日元気に過ごせている、とお客様に言われたとき、心の底から喜びが湧き上がってきました」

責任のある仕事

アロマセラピストはカウンセリングでお客様の個人的なお話を聞いたり、トリートメントで直接体に触れる仕事です。

そうしたカウンセリングや施術は誰でも簡単にできることではなく、しっかりした知識と技術を持ったプロだけにでき得る仕事といえるでしょう。

責任ある仕事をやっている、その仕事をしっかり遂行できているという満足感や達成感はアロマセラピストの仕事のやりがいの一つです。

セラピストの体験談
「お客様がセラピストを信頼し、いろいろ個人的なお話を打ち明けてくれると思うと本当にやりがいを感じます」

「トリートメントのとき、お客様はセラピストを信頼してすべてを委ねてくれます。その信頼と期待に応えなければと思うとやりがいがあります」

実力が活かせる仕事

アロマセラピストの仕事は「実力次第でステップアップできる」という面があります。

セラピーに関する知識や技術が高ければ、サロンのなかでも主任やチーフといった役職に就くことができ収入面も大幅にUPできます。

また独立してのサロン開業やフリーのアロマセラピストとして活躍することも可能ですので、まさに自分の努力次第でステップアップできるというやりがいがあるわけです。

セラピストの体験談
「サロンで働いていましたが、個人店舗を持ちたくて独立開業しました。自分のサロンなら思い通りのトリートメントができるし、収入面でも大きなメリットがあるのでやりがいを感じています」

「独立してフリーのセラピストとして働いています。トリートメント以外にも企業や教室でアドバイサーとして働くことができ、仕事の幅が広がってやりがいがあります」

その他のやりがい

セラピストの体験談
「お客様の喜んでくれる顔を見ると、アロマセラピストになって良かったと感じます。仕事以外にもボランティアで高齢者施設を回っており、その点でもやりがいがあります」

「ワーキングホリディで英国留学し、本場のアロマテラピーを勉強してきました。アロマは世界共通ですので、国を超えた仲間を得ることができ仕事にやりがいを感じています」

アロマセラピストの仕事や資格に興味がある方

  • どんな勉強をすれば良いの?
  • アロマセラピストの資格について知りたい!
  • とりあえずアロマの世界に触れてみたい!
そう、お考えのあなたならこちらの記事が役に立ちます。
アロマセラピーの資料請求がゆめへの第一歩!


関連記事