menu

アロマセラピストになる方法と資格

副業としてアロマテラピーを始めることが出来る?

副業として始めることが出来る

個人サロン経営

アロマセラピストは専業ではなく、副業としても行なうことができます。

副業の代表例がサロン経営で、起業して大規模に行なう方法だけでなく個人サロンとして仕事の合間にアロマテラピーをすることもできるのです。

副業でアロマセラピストをしている例で多いのが、自宅の一部スペースをサロンとして使用しているケースです。

アロマテラピーはわずかなスペースがあればサロン開業ができるので、自宅の空き部屋に手を加えれば副業の仕事として立派に成立します。

特に最近は隠れ家的なサロンが人気になっており、週末だけ副業としてサロンを開いているというセラピストもたくさんいます。

自宅にサロンスペースが確保できない場合は、店舗だけでなくマンションの一室を借りて開業することも可能です。

フリー営業

サロン勤務や個人経営にこだわらず、独立してフリーで働くという方法もあります。

フリーとは「フリーとして個人営業する」という意味で、顧客から依頼があれば出掛けて行ってトリートメントなどを施すという仕事です。

フリー営業ならば仕事のない休日や就業後の空き時間などに仕事ができますので、アロマセラピストの副業としては打ってつけです。

依頼先の例としては、高齢者施設やスポーツジム、個人のお宅などが挙げられます。 ほかにも町内会やサークルの集まり、慰安旅行の出張などの営業もあります。

インストラクター

アロマセラピストの仕事はトリートメントだけではありません。

精油の使い方などを教える教室やアロマの楽しみ方教室、ハーブや精油の知識を教える集まりなどでインストラクターとして働くこともできます。

こうした教室やスクールは自宅スペースでも開催することができますので、既存の教室にこだわらず自宅スクールで生徒を集めてみてもいいでしょう。

セラピストの副業としては手軽な方法ですので、個人サロン経営の前にトライしてみるのもいいですね。

スクール講師

アロマテラピー専門校やスクールで副業として講師をする方法です。

近年は女性のアロマ人気がUPしており、専門校やスクールは増加しています。 しっかりしたアロマの知識や技術があり、かつ高レベルの資格があって人に教えるのが好きならスクール講師が適しています。

スクール講師は競争率が高いという一面もありますが、大規模な専門校やスクールを狙わず幅広く探していけば求人はたくさんあります。

現在の仕事経験や実績を活かし、新たにセラピストを目指す人に知識や技術を教えるというのもやりがいのある仕事といえるでしょう。

アロマセラピストの仕事や資格に興味がある方

  • どんな勉強をすれば良いの?
  • アロマセラピストの資格について知りたい!
  • とりあえずアロマの世界に触れてみたい!
そう、お考えのあなたならこちらの記事が役に立ちます。
アロマセラピーの資料請求がゆめへの第一歩!


関連記事