menu

アロマセラピストになる方法と資格

アロマセラピストの資格はあった方が良い?【資格がある人と無い人の差】

アロマセラピストの資格がある人と無い人の差

信頼性

アロマセラピストには公的な資格は必要ありません。

公的な資格がないとセラピストの知識や技術レベルが分からず、どの程度の能力がある人なのかという判断ができないということになります。

こうしたアロマテラピー資格は、セラピスト本人の技量や実力を判断するツールとしても使用されています。

「○○認定資格を取得している」といえば、どの程度の力量のある人かはすぐに判断できるため信頼性の高いセラピストだという証明になります。

逆に何の資格もない人は明確な実績を提示できない限り、信頼性を持たれにくいというデメリットが生じてしまいます。

就職活動

就職活動でも資格がある人と無い人の差はハッキリと出ます。

アロマテラピーのサロンやショップはお客様相手のビジネスですから、信頼性の低いセラピストを雇用しようとはしません。

セラピストの信頼性はどんな専門校やスクールを卒業しているかやどのような認定資格を取得しているかで判断されます。

特に、専門校・スクール卒業者のほとんどは資格を取得しているわけですから、結果的には「どんな資格を持っているか」で判断されてしまうことになるわけです。

また、サロンやショップのなかには、「資格のある人」という条件を出しているところもあり、資格を取得していなければ求人に応募することができない場合もあります。

もし求人募集にそのような条件がなかったとしても、「資格を持つAさん」と「資格のないBさん」ではどちらが有利かは一目瞭然でしょう。

保険加入

アロマセラピスト資格を認定している民間団体では、資格取得とともに団体への登録を行なうことができます。

そうした民間団体に会員登録を行なうと、「アロマテラピー賠償責任補償保険」などに任意加入が可能です。

「賠償責任補償保険」とはセラピストとしての業務中に人や物に対して損害を与えた場合に賠償補償を行なうものです。

保険内容の一例としては、アロマテラピーの施術によって生じた賠償責任、お客様から預かった物品の損壊や紛失に対する賠償責任、商品販売による事故の賠償責任を補償するものなどが挙げられます。

こうした保険に個人で加入すると保険料が高額になったり、加入自体が難しい場合もありますが民間団体を通すことでスムーズかつ費用を抑えて加入することができます。

社会的信用

現在の我が国では、まだまだアロマセラピストという職業が浸透しているとはいえません。

しかし、セラピスト資格を取得していることにより、一般に対する理解を得やすいというメリットがあります。

アロマセラピストの仕事や資格に興味がある方

  • どんな勉強をすれば良いの?
  • アロマセラピストの資格について知りたい!
  • とりあえずアロマの世界に触れてみたい!
そう、お考えのあなたならこちらの記事が役に立ちます。
アロマセラピーの資料請求がゆめへの第一歩!


関連記事