menu

アロマセラピストになる方法と資格

アロマセラピストになるメリットと良さ

アロマセラピストになるメリットと良さ

人の役に立つ、喜ばれる

アロマセラピストの多くは、この職業について「お客様に笑顔になって頂ける仕事」と言っています。

これは心身の不調や悩みを抱えたお客様に対し、アロマテラピーの知識や技術を提供することで人の役に立ち喜んでもらえる仕事という意味です。

よく現代の日本はストレス社会であるといわれています。

ストレスなどからくる心や体の不調を癒すのもアロマセラピストの役割のひとつといえるでしょう。

自分の持つ知識や技術を提供することによって人の役に立ち、たくさんの人に喜んでもらえることで高い充実感や達成感を得られるのはアロマセラピストという職業のメリットです。

手に職を付けられる

アロマセラピストは精油やトリートメントの専門知識を持つ職業です。

こうした知識と技術は年齢を重ねても失われるものではなく、いわば「手に職がある」ということで一度身に付けておくと一生仕事として役立てることができます

仕事によっては一定の年齢が来るとリストラされたり、職場に居づらくなるような種類のものもありますがアロマセラピストではそのような心配はありません。

むしろ、経験を積むことでより深くアロマテラピーを理解し、手技のテクニックも向上して活躍の場は増えていきます。

フレキシブルに働ける

また手に職を付けられる仕事として、独立開業や副業が可能なのもアロマセラピストのメリットです。

独立して開業すれば自分の理想のサロンを開くこともでき、オーナー経営者として高収入を期待することもできます。

また、自宅の空きスペースで独立営業することも可能ですので、兼業・副業などのツールとしてもアロマテラピーを活用することができるでしょう。

平日は会社勤め、土日はアロマセラピストとして働いている人や、主婦の副業としてアロマテラピー教室を開いたりトリートメントを行なっている人もいます。

このようにフレキシブルに働けるのもアロマセラピストという職業のメリットです。

資格取得で安定性がある

アロマセラピストの資格は公的資格ではないものの、AEAJ(日本アロマ環境協会)やIFA(国際アロマテラピー協議会)など業界では定評のある認定資格がたくさんあります。

こうした資格を取得しておけばアロマセラピストとして安定的に働くことができ、独立や開業、インストラクター、アドバイザーなどとしても仕事をすることが可能です。

アロマセラピストの職場はサロンから医療機関までと幅広いので、結婚や子育てなど自分のライフサイクルに合わせて様々なジャンルに挑戦してみてもいいでしょう。

アロマセラピストの仕事や資格に興味がある方

  • どんな勉強をすれば良いの?
  • アロマセラピストの資格について知りたい!
  • とりあえずアロマの世界に触れてみたい!
そう、お考えのあなたならこちらの記事が役に立ちます。
アロマセラピーの資料請求がゆめへの第一歩!


関連記事